ブラックリストに載る、ということ。信用情報ブラックとは?

よく借金絡みで使われる、『ブラックリスト』。このブログのタイトルにも用いていますが、厳密には『信用情報機関に、事故情報が掲載されている』という状態になります。

国内には何社も信販会社がありますが、クレジットカードや割賦販売の類は、利用者が後から支払いをすることを前提に信販会社が代金を立替えてくれるサービスになりますので、本当に利用者が後から支払ってくれるのか、という『信用』の度合いを各信販会社が共有しており、そのデータベースが『信用情報』。それらを管理・運用するのが『信用情報機関』になります。

過去に支払いが滞ったことがあった、とか、債務整理などの事故があった、というような利用者は『信用』がない、と判断され、借入やクレジットカード発行を断られる、という仕組みですね。これが、いわゆる『信用情報ブラック』=『ブラックリストに載っている』という状態です。信用情報ブラックだと、期間は内容によりますが、5~10年の間は新規のクレジットカード発行や借入は、まず不可能になります。そして、私自身、今ココって感じです。

借金が返せなくなって弁護士に債務整理を依頼した時に、とてもブラックリストに載ることを不安に思ったことを覚えています。今は・・・「不便なことも確かにあるけど、なんとかなるな」って心境です。次回以降、詳しく書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク